しまっこ

通称:しまっこ

年齢:三十路、八年生。
出身地:広島
幸せを求めて日々徘徊中に
5歳年下のオット(ダイゴ)とめぐり合い3ヵ月で電撃結婚!
結婚1ヶ月後にスピード妊娠!
あれよあれよと人生が急展開~(^人^;)
2010年3月に無事、女児出産!
2012年5月に第二子出産予定。
現在、職場復帰して、働くアラフォーママです。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア

↓しまっこのこれ欲しい。


とってもキュート
ベビーピンクのRODY!



リビングに置きたい
アンティークなガラスのキャビネット




どこにでも気軽に持ち歩きたい
コンパクト一眼レフカメラ
(ダブルレンズキット)


ベビーのいすに。
北欧デザインがかわいい
BRIO Newフレックスチェア&セーフティバー




フィンランドARABIAのブラック・パラティッシ
いつかは欲しい



ルクエのスチームボックス。
かさばらない蒸し器がいい



sunlemon(サンレモン) キーカバー



ノワールウォールクロック



マトリョーシカ
あざらしがイケてます。



アニマルバッチ



スナッピーシール 2個セット
食べかけのお菓子もかわいいクリップで

ブロとも申請フォーム
--年 --月 --日
" スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2010年 03月 21日
" 忘れないうちに・・・出産記(2)
そしてその日の夜、下腹部が生理痛のように重く痛み始める。
「いよいよかぁ~」これくらいの痛みなら陣痛も我慢できそう・・・。
でも、まだまだほんとの痛みじゃなかったのね・・。


子宮口を測ってもらうが、まだ2センチも開いていないとのこと。
助産師さんに、まだまだ産まれこないわねと言われ、
オットは12時頃までそばにいてくれたが、
抱えている仕事もあったため、一旦帰宅しました。


そしてひとりになり、心細さが増す。
食事も取れず、気持ち悪くなり吐きたくなる。


助産師さんがときどき夜中にNSTをつけにきてくれる。
15分置きとか10分置きの陣痛が朝まで続いた。
その度に「来た!」と思って時計とにらめっこしながら、深呼吸を何度も繰り返す。
陣痛中も、横になっているのが辛くて、
ベッドを起こして、もたれ掛かるように座っていました。


オットがいるときは、痛みが来るたび腰をさすってくれたが、
誰もいないので、自分で必死に腰をさする。
ただただ1人で耐えるのみ。
痛くて、さみしくて涙が出てくる。


くじけそうになると、ベビーも一緒なんだ!「ピーちゃん、頑張って!」
とお腹に話しかけては、自分を奮い立たせていました。


そして一睡もできず、朝を迎える。
朝の助産師さんの内診が激痛で、声を出さずにはいられないほど…
ん~3㎝くらいかな?
夜から11時間以上陣痛が続いていたので、その言葉にかなりショックを受ける…。
まだ、3㎝…。



朝10時くらいに、母がきてくれる。
ようやく人に腰をさすってもらう事ができ、少し落ち着く。


そして、昼前くらいに少しずつ、7分から5分間隔の陣痛がやっとくる。
母が話かけてくれたり、差し入れのイチゴを出してくれたりしてくれたけど
一切反応できず、しばらく腰をさすることに専念して欲しいと願ったりしていました。


よく、痛みが来ていない時に、食事をとったり、友達にメールしたり、
という話を聞いていたので、私も色々用意してきたけれど、
そんなことやれる余裕は一切なし!
友達からメールが入るも、読むことすらできなかった。


夕方、母も仕事があるため帰っていく。
それからオットが仕事が終わり、すぐにかけつけてくれた。
オットの顔を見るとホッとする。


でも全然お産は進まず、相変わらず7分間隔の微弱陣痛が続く。
腰全体が、ドリルで穴を開けられたような痛さ。深呼吸するのが精一杯。
陣痛の度にオットにマッサージしてもらって痛みを緩和してもらう。
「これか・・・これが陣痛か」 と心の中で思っていました。


23:00再度、グリグリ内診。
痛みに耐えていると、思わず身体に力が入って足を閉じてしまう。
「ここに力いれると、(子宮口が)開かないわよ。」
と内モモを軽くたたかれる。
「そうだ、力をいれちゃいけないんだ。
ベビーも苦しいんだ。力を抜いて、子宮口を開かせなきゃ」
と、心を入れ替えて、再び頑張る。


すると、助産師さんが8㎝まで開いてるね。
どうする?もう少し様子みてもいいけど、先に分娩控室まで移動する?と言われ
えっ!やっと産める!ゴールが見えた!?
とこのときは本当に嬉しかったのを覚えています。
はい!行きたいですと即答し、お産用のパジャマになんとか着替えて移動。


陣痛の波が来て、途中で何度も立ち止まり
しゃがみこみを繰り返しながら、少しずつ必死で移動する。


オットが助産師さんに「あとどれくらいで産まれそうですか」と聞くと
「明日の朝生まれれば早い方かな?」
と言われびっくり仰天。また絶望的な気分に。    
陣痛から26時間、この痛み、
あと1時間でも続けば死んじゃうような気がした…。





スポンサーサイト


出産 | 【2010-03-21(Sun) 14:48:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

my baby
一日一回クリックしてね。


毎日12のスポンサーより募金できます。












(財)日本フォスター・プラン協会

リンク

にゃらんのCM!かわええ~

フリーエリア

↓オススメ。



ホームステッド

(アンティーク3フック)

玄関に飾ってます。

アクションベビー『キリー』

お気に入りの抱っこひもです


ベビーキャリア エアー

夏の抱っこひも。通気性バツグン












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。